ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>金剛葛城駅伝、区間記録と反省
スタッフブログ

金剛葛城駅伝、区間記録と反省

製造部の高橋です。

金剛葛城駅伝大会の記録が発表されました。

チームの成績は前回も書きましたが、今回は個人の記録です。
(ちなみにチームは1:37:55で総合24位/一般2部男子の部2位です)

僕が走ったのは3区  4,900mです。

タスキを受け取ってからすぐに1,600mほど下り、そしてその後下り基調ですが2度のアップダウンの繰り返しがあります。

まず最初の下りは前のランナーを追い越しながら勢いよく突っ込んでいけました。

その後の2度のアップダウンでもほかのランナーを追い越しはしたのですが、少し苦しかったので甘えが出ました。

「まだ前方のランナーより自分の方がスピードあるし、少し落としてもいいんじゃないか!?」と自問自答。

そしてラスト1㎞ほどになって「もう体力の限界!!」なんて思いながら前方の中学生(だったと思うんですが)になかなか追いつけずダラダラとなってしまいました。

結局4区のランナーにタスキを渡すギリギリでは追いつけたのですが、ラスト1㎞の段階でサッと気持ちを切り替えてスパート出来ないなんてまだまだ余力無し、ダメですね。

ちなみに区間記録は 『 15分54秒 区間11位  』  でした。

区間1位の記録は14分00秒なので、約2分離されてます。

来年は何とか15分フラットぐらいで走れるようにしたいです。

 

2019213153648.jpg


「 篠山ABCマラソン 」案内&ゼッケン届きました。

今シーズン最後のフルマラソンになります。

さらに記録更新できるように・・・

最後の追い込み練習がんばりますよ!!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.darasuke.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/338