ホーム>スタッフブログ>漢方いろいろ・・・>和漢原料の名称の由来⑨
漢方いろいろ・・・

和漢原料の名称の由来⑨

20181215151126.jpg2018121515124.jpg                                                                           

               

                                         

 

新商品『和漢便秘薬』に配合されている「マシニン(麻子仁)」

和名アサ(麻)で、中央および西アジア原産で、初夏に白い花が咲き、秋になると灰色で硬い殻に包まれた果実。生薬名「麻子仁」は読んで字のごとく「麻の実の仁」殻の中身麻の実油です。腸を潤滑して乾燥性便秘を治します。麻は古くから衣料用繊維として有名ですが、麻の実または苧の実(おのみ)とよばれ、七味唐辛子の一成分であり、薬用としてのみならず、暮らしの中でも用いられてきました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.darasuke.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/321