ホーム>スタッフブログ>漢方いろいろ・・・>自社栽培のキハダの実
漢方いろいろ・・・

自社栽培のキハダの実

2017319252.jpg

 

昨年の秋に収穫した「キハダの実」です。

これから、実を外し乾燥⇒粉砕⇒粉末⇒滅菌⇒乾燥で、

『味覚糖陀羅尼助飴』の原料になります。

 

キハダの実は、食用に使用できる和漢原料ですが、植樹して実をつけるのに約20年かかります。

枝先に黄緑色の実の付いている房ごとを採取し、乾燥して、房から外します。

実をかじると口の中にハッカに苦みを加えたような味が広がり、山椒の様なスパイシーでピリリと

した強い苦みがあります。キハダの実はアイヌ民族の間で食べられてきた木の実で、アイヌ語で

シケレベと言います。食用の他に風邪薬として食べられてきた伝統的な木の実です。

   

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.darasuke.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/38