ホーム>陀羅尼助丸とは

陀羅尼助丸とは

陀羅尼助の歴史

吉野山(奈良県)は古代より修験者が集まる霊場として有名です。
この聖なる地で荒修行に耐え、厳しい自然との戦いの中、彼らはキハダの樹皮から名薬を作り出しました。

 

陀羅尼助 歴史

それは、修験道の開祖である役の行者(役ノ小角)が今から1300年前大峰山の開山の際、山中に生え繁るキハダを煮てそのエキスを取ったところ、胃腸の病をはじめ色々な、内臓、外傷にも薬効のある事を知りました。
7世紀末、疫病が大流行した際、大釜を据えオウバク※を煎じて多くの病人に飲ませ救済したと伝えられています。

永い歴史の中、地道な研究と努力で大和の名薬「フジイ陀羅尼助丸」として人々にゆっくりと浸透していきました。
当薬房は約300年前より役ノ小角行者(えんのおづぬぎょうじゃ)のその製薬秘法を拝承し、家庭用常備薬として広く皆様にご愛用頂いております。
代々伝えられた製法を懸命に守り抜いた藤井利三郎薬房は現代人のための和漢薬「フジイ陀羅尼助丸」をこれからも作り続けて行きます。

※オウバク・・・キハダという木の樹皮を剥いで乾燥したものが生薬名「オウバク」と呼ばれているのです。キハダは、ミカン科の落葉性樹木で樹皮の裏が黄色いため「黄肌」とも呼ばれています。

陀羅尼助丸の効用・用法

胃弱の方に

胃弱の方に

病院でもらった薬では良くならず、憂うつな日々をお過ごしの方には、ゲンチアナの効果がフジイ陀羅尼助丸で期待されます。

二日酔い

二日酔い、悪酔のむかつきに

仕事上の接待、仲間同志のおつきあい等で、つい飲み過ぎて苦しい時には一度、フジイ陀羅尼助丸をお試し下さい。

食べ過ぎの方に

食べ過ぎの方に

普段から丈夫でない胃腸を酷使することが多い方や、忘年会や新年会の時期、胃腸の調子がくるいがちな方は、フジイ陀羅尼助丸で不快な胸やけを治して下さい。

食欲不振

食欲不振に

センブリは日本民族が室町末期頃開発した民間薬です。そのセンブリを含んだフジイ陀羅尼助丸で食欲を高め、胃腸を整えて下さい。

消化不良

消化不良でお悩みの方に

食事は体調を気にしながらという方には、フジイ陀羅尼助丸に含まれているオウバクエキス・ゲンノショウコの相乗作用が力強い効果を発揮します。

はき気の時に

はき気の時に

胃もたれ、胸つかえ、嘔気、悪心等はフジイ陀羅尼助丸に含まれているオウバクの作用により爽快になります。

製造番号と有効期限の見方

弊社製品の製造番号は製造開始日、有効期限は有効性の確認年数に応じて製造終了日より、3年(フジイ陀羅尼助(板))又は5年(フジイ陀羅尼助丸、陀羅尼助丸(ニンジン入り))となっています。

製造番号230101の場合 平成23年1月1日製造開始
有効期限5年の場合 平成28年2月
有効期限3年の場合 平成26年2月