• ログイン
  • お問い合わせ
  • 電話番号: 0746-32-3025

生薬・原料ブログ

和漢薬原料の名称の由来③

『陀羅尼助丸』に配合されている「ゲンチアナ」 ゲンチアナの産地は、ピレネー山脈、アペニン山系及びカルパチヤ 山脈より小アジアのタウルス山系に至る広大な地域にわたって分布 する、亜高山性の多年生草木です。 ヨーロッパでは古…

和漢薬原料の名称の由来②

『陀羅尼助丸』に配合されている「センブリ(当薬)』 千回振り出しても(煎じても)まだ苦みが残っているということからつきました。 また、当薬(とうやく)とは「当(まさ)に薬」の意味からきたもので、良く効くことをあらわしてい…

自社栽培のキハダの実

  昨年の秋に収穫した「キハダの実」です。 これから、実を外し乾燥⇒粉砕⇒粉末⇒滅菌⇒乾燥で、 『味覚糖陀羅尼助飴』の原料になります。   キハダの実は、食用に…

和漢薬原料の名称の由来①

『陀羅尼助丸』に配合されている「延命草(エンメイソウ)」 あるとき、旅人がひどい腹痛で苦しんでいた。そこに弘法大師が 通りかかり、道ばたの草を引き抜いて与えると、たちまち元気に なった。それ以来、この草は、行き倒れの病人…