ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ>高槻シティハーフマラソン
スタッフブログ

高槻シティハーフマラソン

製造部の高橋です。

1月20日に「高槻ハーフシティハーフマラソン」に行ってきました。
ご近所のRUN仲間二人と3人での参加です。(もちろんこの二人も金剛葛城駅伝の出場メンバーです)
車で茨木まで行きそこから阪急電車で高槻へと入りました。
「高槻市」駅からはシャトルバスで会場へ向かいます。

この大会はハーフマラソン(4800人)、10㎞・5㎞・エンジョイ2.7㎞(3200人)の部があり、ハーフマラソンから順に時間差スタートとなってます。

そして会場入り。
受付を済ませ、ゼッケン・参加賞などを受け取り着替えなど準備に取り掛かります。
雨が降って少し寒かったので更衣所でもある体育館で9:30まで待機(ちなみにスタートは10:20)準備運動を行いスタートブロックへ整列です。
ゴール予定タイムの自己申告制で各ブロックに整列するのですが・・・ここで失敗しました。
僕たちが並んだのは1時間20分~30分のブロックに並んだのですが、スタート直後大混雑です。
最初の1㎞通過は4分ジャスト、結構人をかき分け追い越して走ったのですが疲れた割に進んでない(汗)
予定では3分30~40秒で通過したかったのですが、少しロスしました。

201912415416.pngのサムネイル画像のサムネイル画像高槻シティハーフマラソンのコースなのですが、芥川・淀川の堤防を上がったり下りたりとを繰り返しながら川沿いに進んで行きます。
なので結構な急勾配の坂を…しかも折り返す感じのカーブとセットになってましたので予想以上に体力を奪われます。
でも堤防沿いは見通しが良かったので、少し前方を行くランナーに照準を合わせ少しずつ距離を詰めていく作戦でいきました。

6㎞くらいでしょうか、その作戦を実行中後方から僕と同年代くらいのランナーが近づいてきたと思ったらすぐに抜かれました。
「これは絶対に付いて行かなくては!!」
作戦変更、そこからはそのランナーの後方について一緒に前方の集団を追います。


12㎞ぐらいでようやく集団に追いつきました。
ですが、僕も含め集団は縦長になっており徐々にばらけていきます。
ここからが正念場、がんばって踏ん張らなければ!!と思うのですが、僕のスピードが落ちているのか前方が上げたのかわかりませんが徐々に離されていきます。

15㎞、ここから10㎞マラソンの部の人たちと合流します。
単独走になりつつありましたし、10㎞の部の人たちよりこちらの方がスピードがありましたので、気持ちを切り替えて走ることができました。

そしてそのまま何とか勢いをキープしたままゴール!!

2019124153437.jpg

記録は「 1時間17分53秒 」 年代別の第8位!!


自己ベストは1時間19分04秒でしたので、1分11秒更新することができました。
ですがまだまだです、明らかなスピード不足と後半の粘りが足らないのがわかりました。


同年代にも僕よりも速い人いっぱいいますし・・・がんばります!!


高槻マラソンまた来年も出場しようと思います!!


 

帰りにご近所ランナー3人で高槻バーガー食べました。

僕たちが入店するとお店の人が
「マラソンの帰りですか、お疲れ様です。」
と感じよく丁寧に声をかけてくれました。

201912416217.jpg

 

 

 

 

 



ジューシーで野菜も多くおいしかったです。
うちの子供たちハンバーガー好きなので今度連れて行ってあげようと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.darasuke.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/331