ホーム>スタッフブログ>漢方いろいろ・・・>和漢原料の名称の由来⑦
漢方いろいろ・・・

和漢原料の名称の由来⑦

201841915332.jpg近日発売予定の新商品『和漢便秘薬』に配合されている

「センナ」                        

アフリカ原産のマメ科の常緑小低木。葉が耳の形に似てお

り、アラビア語の耳「Sana」に由来します。古くアラビア

の医師によって使用された生薬で欧米諸国では繁用している

緩下薬です。薬用部位は異なり、センナ葉とセンナ実があり、

新商品『和漢便秘薬』にはセンナ実を使用しています。これ

は「中薬大辞典」でも説明されていますが、「両方の効能は

             同じであるが、服用後に起こる腹痛は葉よりも果実の方が穏

             やかである。」とされているからです。 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.darasuke.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/212